サイトマップ

金利は重要でもその差はわずかなのです

お金を借りる時に金利のはとても重要な要素です。利息に直結しているのですから当然と言えば当然のことです。

キャッシングやカードローンで借り入れをする場合、金利にはとても大きな幅があります。下限金利は大手のプロミスであれば4.5%ほど、その他の消費者金融は上限金利は18%ほどといった所が相場でしょうか。この数字をとても気にして借入れ先を選んでいる方は多いと思います。

この金利、上限から下限のどの辺りが適用されるかは人それぞれです。融資額によって決まるのがその理由です。ですが、実際普通の方が数万円や数十万円程度の少額の借入れをする場合は上限金利が適用されます。つまり、人それぞれと言ってもほとんどの方は上限金利が適用されるのが実際なのです。

18%と言われると、とても高い金利な気がしますが具体的な数字で表すと5万円を一ヶ月借りて750円程度の利子になります。そんなもん?と思われる方が多いのではないでしょうか?

低金利と言われるキャッシングでも上限金利は17.8%程度です。18%より0.2%低いのですが、利息として現れる差はほんのわずかです。

これならば利息ばかり重視せず、その他の利便性を重視する方がお得な借入れが出来るのではないでしょうか?金利は大切だけど、借入れ先選びの最重要項目では無い。それを頭に置いて借入れ先を選んで欲しいと思います。

初心者でも簡単にサービス利用ができるキャッシング

初心者の方の場合、初めてキャッシングサービスを利用するときに、不安に感じるという方もおられると思います。お金を借りるだけでなく、返済にも慣れていないこともあり、サービス利用に少し緊張してしまう方もおられるかもしれません。

しかし、最近は、インターネットで申し込みができたり、初心者向けに基礎から教えてくれるサイトもあったりと、簡単にサービス利用ができるように情報提供やサービスを紹介してくれています。初心者でも安心してサービス利用ができますし、基礎知識も簡単に身につけられるサイトも多いので、自分に合ったサービスも見つけやすくなります。

キャッシングサービスは、返済のこともしっかりと考えていく必要があります。返済シミュレーションができるコーナーを設けてくれている金融機関のホームページもあったりと、返済のことも難しく考えすぎるのではなく、こういったコーナーを積極的に活用していくことで、計画的に返済ができるようにしていくこともできます。

このように、キャッシングサービスは、インターネットも活用してみることで、情報収集もしやすくなっていますし、サービス利用も初心者でもスムーズに進めることができるようになっています。

キャッシングの健全化について

ネット上には多重債務に陥っている人でも融資可能ですとか、いわゆるブラックでも大丈夫なんて甘い言葉が羅列されているようなキャッシングの広告がたまに見かけられるかと思いますが、ハッキリ言ってそのような宣伝文句で営業を行っている怪しげなキャッシング業者は決して利用しないようにしてほしいものです。

そのような業者は法定金利を無視していわゆる高利貸しと呼ばれるような闇金融である可能性が高いと思われますので、けっして世の中はそんなに甘いモノでないんだということをしっかりと認識しておく必要があると思います。

法律改正によってクリーンな営業を心がけているキャッシング業者が多い中、いまだに法律に触れかねない営業を続けているところもあると言われています。

特にキャッシング初心者の方は健全かそうでないかの見分けがつきにくいかと思いますので、見たことも聞いたこともないような業者にはなるべく近づかずに、誰もが一度は聞いたことのあるような老舗で大手のキャッシングから利用し始めることをオススメしたいと思います。

このような一部の怪しげな業者によってキャッシングの信頼が損なわれてしまうというのはとても悲しいことですので、今後さらに健全化の推進を進めて欲しいものです。